カテゴリ: 上毛かるたの世界(かんな新吾)

面白いですよ!!上毛かるたの世界14「繭と生糸は日本一」許諾第02‐01016号 かんな新吾「ま」繭と生糸は日本一 第3回目に前橋市を紹介した際に、日本の明治維新以降、生糸を中心とした貿易が永きに亘って日本の経済を支え、近代化に大きく貢献したことをご説明したが、現 ...

面白いですよ!!「上毛かるたの世界」13許諾第02-01016号 かんな新吾 「ふ」分福(ぶんぶく)茶釜の茂林寺1.上毛かるた44枚の中で唯一、漫画チックな絵札である。この札のひょうきんそうな狸を見ていると、野口雨情が作詞し、その歌詞の一部を中山晋平が変更して作曲し ...

面白いですよ!!「上毛かるたの世界」12「縁起だるまの少林山」許諾第02-01016号 かんな新吾「え」縁起だるまの少林山」1.日本には古くから、家内安全、無病息災、夫婦円満、五穀豊穣、商売繁盛、子孫繁栄等々に纏わる縁起物として喜ばれるものが数多くある。先ず、こ ...

面白いですよ!!上毛かるたの世界11許諾第02-01016号 かんな新吾「な」中仙道しのぶ安中杉並木  碓井峠から新島 譲の紹介になり、この杉並木の説明で、「上毛かるたの世界」(前置き)でお伝えしたように安中市に係る3点セットの説明が一応終わる。3点セットの最後は、 ...

面白いですよ!!「上毛かるたの世界」10許諾第02-01016号 かんな新吾「へ」平和の使途(つかい)新島 襄 前々回に「歴史に名高い新田義貞」をご案内した際に、新田義貞が歴史に残した功績の割には知名度が高くないと紹介したが、新島襄についても同じことがいえるかと思 ...

中山道六九次(つぎ)の難所と日本4大関所の一つ 碓氷峠と碓氷関所許諾第02-01016号 かんな新吾「う」碓氷峠(うすいとうげ)の関所跡1.碓氷峠は、群馬県安中市松井田町と長野県軽井沢町の境界にある峠であり、峠の標高は約960メートル、峠の群馬県側の麓にある松井田町 ...

歴史の好きな方は読んで下さい。(鎌倉幕府を倒した上野国の御家人の話)許諾第02-01016号 かんな新吾「れ」歴史に名高い新田義貞(にったよしさだ)1.歴史に名高いと詠われているが、正直なところ、「新田義貞(1301年~1338年)」をご存じの方(勿論、面識がある筈はない ...

面白いですよ!! 「上毛かるたの世界」7許諾第02-01016号 かんな新吾「ね」ねぎとこんにゃく下仁田名産  群馬県で産出される野菜でこんにゃく芋以外に何か日本一のものはないかと、2018年の農林水産統計を調べてみた。野菜産出額合計では群馬県は、北海道、茨城、千葉、 ...

面白いですよ!! 「上毛かるたの世界」6許諾第02-01016号 かんな新吾「く」草津よいとこ薬の温泉(いでゆ) 阿部 寛が主演した映画「テルマエ・ロマエ」を見た方も多いと思う。あの映画は古代ローマ時代にタイムスキップした日本人が、温泉を作るという話だが、古今東 ...

面白いですよ!!上毛かるたの世界5許諾第02‐01016号 かんな新吾「ら」雷(らい)と空風(からっかぜ)義理人情今まで何枚かのかるたを紹介したので、ご記憶もあろうが読み札は白地である。ところが、この読み札と「い」「伊香保温泉日本の名湯」だけが赤地であり、かるた ...

面白いですよ!!上毛かるたの世界4      許諾第02-01016号 かんな新吾    「す」裾野は長し赤城山小生にとって赤城山(あかぎやま・あかぎさんの2通りの読み方がある)は、物心ついてから群馬を離れるまで春夏秋冬、朝から晩まで仰ぎ見ていたまさに故郷の山であ ...

面白いですよ!!上毛かるたの世界3許諾第02‐01016号 かんな新吾「け」県都前橋生糸(いと)の市(まち)この札を読んで前橋市が県都=県庁所在地であることは判るが、小生には生糸の市であるとの実感が乏しい。3年間、前橋の高校に通学していたが、生糸の市(まち)であ ...

面白いですよ!!「上毛かるたの世界」2許諾第02‐01016号 かんな新吾「ち」力あわせる二百万群馬県の人口推移を国勢調査人口統計で調べてみたが、第1回国勢調査が始まった1920年には105万人、第5回の1940年調査では130万人、上毛かるたが作られた1947年に、臨時の国勢調査 ...

面白いですよ!!「上毛かるたの世界」1許諾第02-01016号 かんな新吾 「つ」つる舞う形の群馬県         コロナウイルスの感染予防対策の一環として外出自粛が要請されたが、その中で都道府県を跨いでの外出は避けて欲しいとの報道が頻繁になされた。そのとき、 ...

坂東大橋かんな新吾「あ」赤く塗られた坂東大橋 ???上毛かるたを利用するためには、「上毛かるたの利用に関する取扱要領」に基づいた申請が必要であり、申請書を群馬県庁あてに提出し、群馬県知事の認可を得る必要がある。「上毛かるた」の利用には、読まれている句その ...

小生の生まれ故郷である群馬県に「上毛かるた」という、いろはかるたがある。日本で初めてかるたとして成立したのはどんなものだったのか、ウィキぺディアで調べてみたら想像どおり「百人一首かるた」だった。その詳しい起源は明らかではなく、平安時代の二枚貝を合わせる遊 ...

↑このページのトップヘ