81b2331

一般財団法人ジャパン・マザーミッション機構
理事長 山内俊夫

仕事の関係で出向いた、隣町の坂出市にある料亭「うつぼや」や「紅葉屋」でよく歌われていたのは神楽坂はん子の芸者ワルツ、赤坂小梅の「おてもやん」「炭坑節」など
当時、芸者がレコードデビューした曲が中心であった。

また赤坂小梅と言えば岸信介や佐藤栄作など政界の大物にたびたび呼ばれた売れっ子であった。
他に岡本敦郎の「高原列車はゆく」とか近江俊郎の「湯の町エレジー」などは、
今思い出しても両名に失礼にあたるほど音でかなりずれていたように思う。

以後、浪曲界から村田英雄、三波春夫や民謡界からは三橋美智也などがぞくぞくとデビューしてきた。
三波春夫の代表作には「チャンチキおけさ」1964年の東京オリンピックのテーマ曲「東京五輪音頭」、躍動感のすばらしさに心が舞(おど)る「元禄名槍譜 俵星玄蕃」などがある。

その後、1958年には「無法松の一生」で武骨な歌い方ではあるが
デビューしていた村田英雄がいる。
私の母校の第二の校歌と謳われている「人生劇場」が発表され、
大いにワクワクしたものである。
いまだに機会があれば1番から4番の合間に尾崎詞郎の名セリフを入れて
歌っている。

この時は最高に気分のいい時だと思う。
自分で歌って自分が酔っていれば世話がない。
それから空前のヒット曲、当時、驚異的300万枚のレコードを売り上げた「王将」
男の中の男の詩「花と竜」次々にヒットして年末の歌番組に花を添えてくれた。

1955年には北海道出身で民謡界のプリンスと言われた三橋美智也が「おんな船頭唄」で
民謡独特の高音の澄みきった歌い方で、一世を風靡したのである。
それ以降、毎年「リンゴ村から」「哀愁列車」「一本刀土俵入り」と
私を喜ばし続けてくれ演歌好きになった。

その後、いろんなTV時代にふさわしい歌手が次々とデビューしてきた中でも
本家、星野哲郎作詞、船村徹作曲のコンビの歌の表現師、北島三郎が世に躍り出てきた。
星野、船村コンビ曲「ブンガチャ節」はヒットしなかったが、
サブちゃんの大ヒット曲「なみだ船」は見事に三郎説で船村独特のビブラートの
効いた歌は彼を一流の歌手として不動の地位を固めた。

その後サブちゃんは「函館の女」を筆頭に女(ひと)シリーズは
どれも私のレパートリーとして位置づけてくれる名作ばかり。
中でも星野、船村コンビの名作「風雪ながれ旅」は私のレパートリーNO1である。
この曲は愚妻と結婚前の車でのデート中に車内でサブちゃんになりきり
歌ったものだ。
これがきっかけに私と結婚を決意したものと勝手に納得している。