1140762_m



みなさま、こんにちは。
大島博貴です。


本日は、皆様にとって睡眠がいかに大切かをお話しします。


ボストン大学のローラ・ルイス氏率いる研究チームによると、睡眠中の脳内で、アルツハイマー病の原因のひとつとされるアミロイドβなどの毒素が洗い流されるかのように除去されている、というのです。

『サイエンス』誌に2019年10月31日付で掲載された研究論文で、そのメカニズムを明らかにしています。


わたしたちが眠っているとき、脳はいくつかの状態を経験しています。浅い眠り、無意識に陥るような深い眠り、そして夢を見やすいレム(急速眼球運動)睡眠と呼ばれるものです。

ルイス氏はノンレム睡眠に注目しました。概して夜の早い時間に経験する深い眠りで、記憶保持との関連が知られているためです。

実はこれに関連して、マウスを対象とした重要な研究が2013年に発表されています。それによると、マウスが眠っている間に、アルツハイマー病の原因のひとつであるβアミロイドなどの毒素が、脳内から除去されていることが分かりました。


こうした研究をもとに、ヒトを対象にした実験が行われました。

被験者をMRI装置のなかで横になって眠らせ、睡眠中の脳波を測定するのです。その脳波を見ることで、被験者が睡眠のどの段階にいるのか判別できます。


この実験の結果、脳脊髄液(脳の周囲を循環する水のような液体)がゆるやかな「大波」を起こすことで、脳を洗い流すことがわかったのです。この「大波」はノンレム睡眠中に発生することが脳波の観察で分かりました。

なんと、ノンレム睡眠に入るとニューロンの活動は同期し始め、脳全体が同時にオン/オフを切り替えるようになるというのです。


「まず最初に、すべてのニューロンが静かになる状態が観察されます」と、ルイス氏は説明します。

すべてのニューロンが一時的に発火をやめるため、必要とされる酸素量が減少します。これは脳への血流量が少なくなることを意味しています。

そして、その空白を埋めるように、脳脊髄液が大量に流れ込む様子が観察されたのです。


「素晴らしい研究です」と、ロチェスター大学の神経科学者マイケン・ネダーガード氏は評価します。

ネダーガード氏は、マウスにおける睡眠時の脳内の毒素除去を初めて報告した、2013年の論文の筆頭著者でもあります。

そして、「脳の電気活動が液体を動かすなんて、誰ひとり想像もしていなかったでしょう。とてもエキサイティングです。睡眠は、ただリラックスするためのものではありません。独自の機能があるのです。」と述べました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プラズマローゲンが、アミロイドβから脳細胞を守っていることが分かっていますが、睡眠も非常に大切だということが分かります。

みなさまも普段からしっかりと睡眠をとって、脳も身体も健康な状態を維持していきましょう!