2048961_s



みなさま、こんにちは。
大島博貴です。


コロナウイルスが世界経済に与えたダメージは深刻で、一部の経済識者によると米国はすでに不況であるとのことです。

こうした中、CBD市場は深刻な景気後退に耐えられるのでしょうか。



業界の専門家は、リーマンショック当時の酒類販売量の推移をバロメーターとして、今後のCBD産業を楽観的に捉えているようです。

さらに、医薬品からトイレットペーパー、そして恐らく最も消費動態がCBDに近いと思われるアルコールなど、他の必需品と同じくらいCBDを必要と捉えている消費者が多いと述べています。


実は、2007年12月から2009年6月にかけての大不況の間も、アルコールの卸販売量は比較的好調に推移していたのです。

そして長期的に見ると、売上高はなんと増加していました。



元大麻規制当局者のジョー・デブリン氏は、消費者にとってCBDが「酒類やタバコと同じカテゴリーの嗜好品として定着した」ことによって、CBD産業は比較的不況に強いと考えていると述べました。


信頼性の高い調査会社であるニュー・フロンティア・データなどの複数の大麻企業で働いてきたエコノミスト、ボー・ホイットニー氏は、「アルコール、タバコ、CBDなど、これらのビジネスの多くは、他の従来のビジネスと比較して、不景気の時期によく持ちこたえます」と述べました。

ホイットニー氏はまた、ほとんどのCBDユーザーが、スターバックスのコーヒーよりも大麻への支出を減らす可能性は低いと述べています。


アリゾナのCannaBoss Advisersのサラ・ガリクソンCEOは、「完全に景気後退に耐えられる」業界はないものの、CBDは他の多くの業界よりも景気後退を乗り切る上で遥かに有利であると主張します。



今後未曾有の不景気が社会を襲うときに、堅実な売上と、そこから得られる税収を保持できる市場の存在は、社会にとって非常に重要になると思われます。

そしてCBD市場にはその可能性があり、しかもみなさまの健康や精神衛生に資するという意味でも、依存症の危険のあるアルコールなどよりも社会的に必要とされるのではないでしょうか。