坂上写真
坂上芳洋先生


私たち(財)ジャパン・マザーミッション機構の監事は坂上芳洋先生です。


坂上先生のお名前はご存知の方も多いと思いますが、

防衛省の実力者で、現役時代は日米合同演習の日本側総司令を務められました。

退官後、自民党本部から何度も衆議院議員への立候補を要請されましたが、「今さら陣笠代議士は勘弁!」と、応じることなく、


・日米欧の多国籍弾道ミサイル防衛会議議長

・日米欧弾道ミサイル防衛戦術ゲーム主管

・米国レイセオン社(世界最大の軍事産業)上級顧問

・ダイキン工業など多数の民間企業の顧問

などを兼任して来られ、

2016年には叙勲を受けておられます。


防衛省制服組の歴代のトップは坂上先生のかつての部下だった方が多く、まさに防衛省の実力者です。

現在、坂上先生は、

・一般財団法人日本総合戦略研究所理事長

・日本の将来を考える会会長

そして私たちの

・一般財団法人ジャパン・マザーミッション機構監事

などを務めておられます。



先週、その坂上先生、水上治先生、山内俊夫理事長、大谷雄策副理事長たちで意見交換の会食がありました。

そこでご発言!

坂上「今般のコロナウィルスの件は日本の防衛省やアメリカ国防総省の関係者たちから表に出せないようないろいろな情報が入っています。

しかし、どのような勢力が、どのような意図をもって、何を仕掛けてきたとしても、最終的に世界の平和を実現するのは日本人をおいて他にありません。

日本人のパワーの根源は、水上先生が仰るとおり、縄文時代から2万年にわたって培われてきた縄文日本人の魂です。

今般のコロナウィルス、何するものぞ!

山内先生が仰るとおり、今こそ(財)ジャパン・マザーミッション機構が主導して日本人同士の真の絆を深めるときです。」