山内先生


(※注釈 以下の動画につきまして、山内俊夫理事長は体調を崩しておられ、動画撮影の前にも「ちょっと鼻声ですが・・・」と仰られる中、取材に応じて下さいました。山内理事長、まことにありがとうございました。)





一般財団法人ジャパン・マザーミッション機構理事長
元文部科学副大臣・参議院議員 山内俊夫


会員の皆様、お久しぶりです。
一般財団法人ジャパン・マザーミッション機構理事長の山内俊夫でございます。


前回4月に皆様にテレビを通じてお話ししましたが、事務局からもっと頻繁に理事長の熱い思いを伝えて欲しいと言われ、今日を皮切りに、会員の皆さまと度々お会いする機会を設けさせて頂くこととしました。


我々ジャパン・マザーミッションは設立して数か月、助走期間も終わりに近づき、さあこれから大きな飛躍だと思った途端に、新型コロナウィルス感染症という災禍に見舞われました。


日本全体がコロナ禍のなか、我々の活動もなかなか思うように進めることができない状況です。


活動自粛がいつまでも続くはずはありませんが、こんな時こそ、会員の皆さま全員が、知恵を出し合い、励ましあって、絆の強さを示すことができる絶好の機会であると考えてください。私も、僅かばかりでもお役に立とうじゃないかということで、子供食堂のお手伝いをしたり、障碍者が一生懸命頑張っておられる太鼓の会(瑞宝太鼓)等の励ましになるよう、今現在頑張っております。


会員の皆さまにも、私の思うところをご理解頂き、是非ご一緒に輪を広げていきたいと思っております。


どうぞ、よろしくお願いします。