山内先生
山内俊夫理事長


みなさま、こんにちは。
(財)ジャパン・マザーミッション機構理事の大島博貴です。


ご存知のとおり、私たちの財団は設立されてわずか4ヶ月目ですが、ここで世界中の企業と共に私たちもまたコロナウィルスと不況の嵐に巻き込まれることとなりました。

財団設立後間もない、突然の嵐です。

私は、この嵐がせめてあと半年後であれば、困窮されている各方面に対して財団として大きな社会貢献ができたのに、と残念な思いを持っておりました。


しかし、そうではなかったのです!


山内俊夫理事長から、今般、弊財団のわずかばかりの寄付行為に共鳴してくださったみなさまに感謝のご挨拶が表明されたのです。



山内理事長のご挨拶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みなさま

この度は私たちの活動にご共鳴いただきまして誠にありがとうございます。

(財)ジャパン・マザーミッション機構はまだ設立されたばかりで、まだわずかばかりの社会貢献しかできていません。

しかし、世界中がコロナウィルスとそれに伴う不況倒産の不安と恐怖に陥っている今こそ、

わずかばかりのことなのですが、みなさまと私たちが積み重ねることによってこそ、人と人との心が繋がり、愛と和の助け合いが実現されていくのだと考えます。

みなさまの想いが私たちの想いと一つになって、子ども食堂や瑞宝太鼓のみなさんに無事に届くように、その想いを心から大切にさせていただきます。

みなさまのあたたかい想いに感謝申し上げます。


(財)ジャパン・マザーミッション機構
理事長 山内俊夫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


山内理事長の感謝の想いに、私は感銘を受けたのでした。

温かい想いの、わずかばかりのことの積み重ねを、私たちもまた大切に重ねて参りたいと思います。


(財)ジャパン・マザーミッション機構
理事 大島博貴